年に一度のお楽しみ

倉阪鬼一郎さんという作家さん。 この作家さん年に一度秋に心底バカなミステリー、通称バカミスを出してくれます。 これがまあ本当にバカ。どこまでもバカ。バカなことになぜここまで心血を注ぐのか・・・と思って読んでいる側が心配してしまうくらいバカ。 タイトルで言うと 三崎黒鳥館白鳥館連続密室殺人 新世界崩壊 上小野田警部の恥辱の事件 五色沼黄緑館藍紫館多重殺人 不可能楽園〈蒼色館〉 あた…

続きを読む