ナイスピッチング今村

スカパーにてTV観戦できたオープン戦初戦の対巨人戦。
4対1での勝利で良かった点がいくつかありましたが、一番の収穫はやはり先発の今村でしょう。
スライダー、シュート、カーブの変化球のコントロール、キレもよく、ストレートも135キロ前後の球速表示でしたがインコースを厳しく突いて詰まらせるピッチングが出来ていました。
去年の公式戦1軍で2試合先発した際は相手の打ち損じを待つしかないようなピッチングでしたが、今年は意図を持ってピッチングを組み立てて、そのとおりに投げて結果を出すピッチングが出来ていました。
あとはストレートに速さが出てくればローテーション入りどころか近い将来柱の一人になってくれるのではという希望をもてる内容でした。
現状は結果を求められる立場ですので、次からの登板も良いピッチングを続けて開幕ローテを実力と結果で奪い取って欲しいと思います。