本屋大賞

2011年本屋大賞に東川篤哉さんの謎解きはディナーのあとでが選ばれました。
本屋大賞は権威のある賞というよりもこの出版不況の中、売れる本を作るために非常に有意義な賞という感じの賞かな。

この東川篤哉さんという作家さん、数年前に新しい作家さんの本を読んで好きな作家さんを新規開拓しようと思って読んだ密室の鍵貸しますという本が非常に面白く、それ以来出版されている本は(たぶん)もれなく読んでいる好きな作家さんです。
面白い本を書くのにあまり売れない作家さんというイメージが強かったので、昨年謎解きはディナーのあとでがものすごい売れているという話を聞き、TVコマーシャルまでやっているのを見て非常に驚いた記憶があります。

自分が短編より長編が好きということもあってか、謎解きはディナーのあとでは個人的に東川さんにしてはイマイチかなという印象が強かったので、正直なんでこんなに売れているのかいまだ驚いている部分は強いですが、謎解きは~からで東川作品を初めて読んだ人がいましたら、密室の鍵貸しますから始まる烏賊川市シリーズを是非読んでみてください。
ユーモアミステリーだけどトリック、ロジックはしっかりしている非常に面白い作品です。
あとカープファンには最近出版された放課後はミステリーとともにもお勧め。ミステリーと広島東洋カープを愛する霧ヶ峰涼クンが主人公の短編集です。

東川さんは作品は面白いし多分カープファンの同士だと思いますので、今後も新作が出るたびに楽しみな作家さんです。