先週のカープ

先週のカープは5試合で3勝1敗1分。
貯金増やすことが出来ましたし、今年未勝利だった対ヤクルトも一つ勝てて上出来上出来。
昨日も勝ちたかったと思うのは当然の事ですが、現状のリリーフ陣で後ろのピッチャーに任せる展開になってしまった時点で落とす試合、追いつかれる試合があるのは当然ですので仕方の無いところ。
今後はこれをどうやって減らしていくか。
永川や横山が万全の状態で戻ってきてくれれば言うことなしですが、横山は特に時間がかかりそうです。
かといって簡単に補強など出来るはずもありませんので、ここは現有戦力の底上げしかありません。
ここは岩見を勝ち試合で使えるようにどんどん使っていきましょう。
今村が崩れ、リリーフ陣1イニングずつの継投で逃げ切った土曜日の試合のピッチングを見てもフォームも変則で打ちにくそうですし、ストレートに力もあります。
勝ち試合(競っている試合)と負け試合で投げさせるリリーフピッチャーをある程度振り分けているのだと思いますが、青木等一定のピッチャーに登板が集まっていて、実際問題パフォーマンスも落ちて着ているのが見て取れます。
今1軍にいるピッチャーの中で岸本はオープン戦でもファームでも結果が残せていませんので、先週のような競った試合が多い中で投げさせられないのは良くわかります。
しかし岩見はオープン戦でも結果を残して1軍を勝ち取ったピッチャーです。内容はあまり伴っていない試合もありますが、公式戦に入ってからも抑えていますし、何より球に力があります。
打たれても良いから競った場面でどんどん投げさせていかないと、いつまでたっても大事な場面で自信を持って送り出せるようなピッチャーにはなりません。
シュルツも2年前の状態とは程遠い球威、コントロールです。現在のリリーフ陣の陣容と役割分担で今シーズン最後まで乗り越えられるとはとても思えませんので、岩見を自信を持って送り出せるピッチャーに育て上げて欲しいと思います。

今週は交流戦前最後の6連戦。阪神3連戦と巨人3連戦。
今週もまずは3勝3敗の5割目標で。期待しています。