河内復帰登板

本日ファームの試合でかつてのカープドラフト1位、河内貴哉が4年ぶりの登板を果たしました。
現在は育成選手登録、このまま登板することなく引退してしまうんじゃないかなと思った時期もありましたが、ついに復帰、感無量です。
河内は入ったときは間違いなく一級品の素材でした。その選手を本人のメンタル的な弱さもあったとはいえ度重なるフォーム変更等できちんと育てあげられなかったのは、球団の育成のまずさに他ならないと思います。
しかし4年間も登板できていないピッチャーを再度登板できるようになるまで待ってあげる温情もカープならではです。
入団時に期待していた和製ランディジョンソン、左の本格派先発投手にというのは難しいかもしれませんが、どんな形でもいいからファームで結果を残して、まずは育成から支配下登録への復帰、そして1軍登板の日を心待ちにしています。
まずはその第一歩、復帰登板おめでとう河内!!