高橋慶彦

先日西武ドームに行った際に以前から欲しかった中国新聞発行のカープ情報タブロイド紙、CARP TIMES第2号を購入。
目当ては現千葉ロッテマリーンズ2軍監督であり、当方の歴代一番好きなプロ野球選手でもある高橋慶彦さんロングインタビュー。
インタビューの最後に「今でもカープで野球をしたいという気持ちは十分ある。(中略)でも、カープに育ててもらったから、帰りたい。俺はやっぱり赤が好きだから。」
とあり、今でも高橋慶彦を愛するカープファンとして非常に嬉しい気持ちになりました。
慶彦は球団、オーナーとトラブル続きで揉めに揉めて厄介払いのような形で放出されてしまった選手です。
カープはそういった揉め事に敏感で、後々あのことは水に流して・・・ということが非常に少ない球団なので、慶彦がカープに指導者として戻ってくることはまずありえないことだとあきらめていましたが、本人が今でも愛着を持ってくれていて、戻って来たいと思っていてくれるということは可能性はゼロではない。
なにより西岡選手を育てた慶彦は機動力野球復活も道半ばの現在のカープに必要な人材だと思います。

最近、スペル・デルフィンがディック東郷とザ・グレート・サスケの救出に来たり、COMPLEXが復活したりと個人的に絶対にありえないと思っていたことが実現するのを目の当たりにしていますので、慶彦カープ復帰も可能性はあると信じて、いつの日かまたカープのユニフォームを来た高橋慶彦を見られることを心待ちに待ち続けたいと思います。