ドリームジャーニー引退

先日の宝塚記念10着をもって、応援してきていた馬ドリームジャーニー引退です。
この馬を好きになったのは芙蓉ステークス勝った際の差し脚を見てですが、その後朝日杯優勝、クラシック路線で勝てなかった3歳春、神戸新聞杯勝利で期待した菊花賞、マイル路線で全く結果でなかった4歳春、夏の重賞連勝、そして充実の5歳、宝塚記念、有馬記念のグランプリ連覇!
2歳から7歳まで長いこと走って思い出も非常に多い馬です。
特に4歳春マイル路線で結果が出なかったときは、早熟でもう終わったのかなと思ってしまっていましたが、その後の充実ぶり。宝塚記念を勝った時は本当に嬉しかったです。
好き嫌いだけでなく、直線が長い東京=追い込み馬有利だと思い込んでいる節があった自分に速い3ハロンの脚が無い馬は直線長いコースは追い込みきれないと教えてくれた馬でもありました。
せっかく学んだことも最近の馬券は不調続きで全く生かせていませんが・・・
ブルーコンコルドでも種牡馬なれなくガックリしたので、飽和状態のサンデー系であり、全弟にもっと生産界から評価されそうなオルフェーヴルがいる現状で無事種牡馬入りできたのは何よりです。
ほぼ間違いなく出遅れて、長い直線が苦手な個性的な追い込み馬の子供はどんな馬がでてくるのか楽しみ。スタート上手い馬が出てきたらそれだけでニヤっとしてしまいそうです。
ドリームジャーニーお疲れ様でした。まずは来年春までゆっくり休んでください。