中日ドラゴンズ優勝おめでとう

中日ドラゴンズ、セントラルリーグ優勝おめでとうございます。


今年の中日は戦っていて打線が弱いし、投手も先発吉見投手以外ならなんとかなりそうな雰囲気があるし、それほど強いとは感じていませんでした。途中までは。
それでもシーズン途中にはチームをしっかり形にして最終的には優勝する。
野球をはじめとしたスポーツ全般を結果論で語ることほどアホらしいことは無いと思っているのですが、後々結果論で語られること、たとえば今年の中日で言えば勝負どころに良い状態でブランコ選手が戻ってきたこと、開幕時無理させなかったことで吉見投手が年間通して万全のピッチングを続けられたこと、過密日程でけが人が一番怖いシーズンの最後にはほぼレギュラーそろって出場できたこと。
そういった後々結果論で語られるようなことをあらかじめシーズン前から計算して実行していくことができるのが落合監督。あーカープは手のひらで踊らされて遊ばれているんだなぁという試合を何度も何度も中日戦で経験してきました。
計算どおりにシーズンプランを実行する上で一番大事なことは選手の力量把握、若手の伸び代等期待値的なことはあまり加味せず、現状の力をシビアに見極める能力が落合監督の一番の凄さなのでは無いかなと思います。
上記は投手陣の層が抜群に高レベルな中日だからできることですが、シーズン終了前に来期契約せずというニュースが流れてしまった今年だからこそ改めて落合監督の凄さを実感しています。
この後もし中日がCSも勝って日本シリーズも勝ったとしても、その時点で監督と大半のコーチは来期契約せずが決まっているのだったら、監督やコーチの仕事とはいったい何なのだろうなとどうしても疑問に感じてしまいます。ファンとしては一番求めているのは勝利だと思いますので。

長々と書いてしまいましたが、最後にもう一度、中日ドラゴンズ優勝おめでとう!!