野村祐輔

カープがドラフト1位でまさかの単独指名に成功した明治大学、野村祐輔投手。
いわずと知れた広陵での大変な試合で涙を呑んだ甲子園準優勝投手です。
入団決定後、明治神宮野球大会でのピッチング(準決勝の試合)をスカパーで観戦しました。
ストレートの球威はそこそこ。キレはある。
この日はコントロールは良くありませんでした。結構ばらつきあり。
目を引いたのは変化球。スライダーの変化量は半端無い。チェンジアップも良い感じに打者の手元で力が抜ける感じの球で大きな武器になりそう。
全体を通してこれは間違いなく本物だと思います。贔屓目無しで。
現時点での能力をカープの日本人ピッチャーと比べても野村より上だなと思えるのは前田健太しか見当たりません。
淡い感じだった期待がこの日のピッチングを見て必ずやってくれると確信に変わりました。
翌日の決勝戦も見たかったのですが、諸般の事情で東武デパートの屋上にいて見れませんでした。録画すればよかった・・・
前田健太、バリントン、大竹、福井、篠田に野村、もしかしたらもう一人大人気メジャーリーガーも・・・
毎年恒例の皮算用シーズンとはいえ、来年の先発陣は期待できそうです。
大竹の復帰と野村加入で勝ちを計算できるピッチャーが二人加わるわけですからね。
この期待がしぼまないようにリリーフ陣、野手陣の底上げ、踏ん張りが大事になってきそうです。
特に野手ですね野手。