ポスティングシステム

西武中島選手、ポスティングシステムにて交渉権獲得したヤンキースと契約に至らず。
これで去年の岩隈投手に続き2件目ですね。
今まで上手く回っていたのが不思議なくらい未完成なシステムにやっと欠陥点が見えてきたのかなと思います。
FAは選手の権利ですが、ポスティングはある意味経営者側の権利です。
高く売れるときに売りたいというポスティング容認球団の姿勢を否定してしまうことは、どの球団も厳しいであろう現状の中ではナンセンスかなと思います。
ただ、中島選手、青木選手レベルで2億円くらいというのは正直安いですよね。日本の球団が同じシステムでこの2選手を獲得できるとしたら10億くらい出すチームもあるのではないかなと感じます。もちろんカープには無理な話ですが・・・
ポスティング容認=入札額いくらでもOKという感じが現状蔓延していますが、あくまでも球団側の権利です。
容認する際には
・入札額○○円以下なら認めないとあらかじめライン引きをしておく。
・入札額OKするもその後入札球団と選手の交渉がまとまらなく結果出戻る場合は○○円(基本今期年俸よりダウン)で契約する。
これらの2点くらいは当然球団側が主張して良いような気がします。
2点目のほうは既に行われているような気もしますが。
真田投手のパターンなど、あっさりとポスティング認めて入札なければ自由契約にする。そんなに横浜中継ぎの余裕あるのかなと正直感じてしまいます。良いピッチャーですよね、真田投手。
海外FA取る前にメジャーに行きたいという夢をかなえるにはそれなりのリスクがあるというのは去年、今年でわかってきたことだと思いますので、ポスティングシステムの改良を含めて、球団側も選手側も今一度考えてみる時期に来ているのだと思います。
そしてスポーツ紙では西岡選手が成績残せなかったことが低評価の要因みたいな風潮になっていますが、今年飛ばないボールに変わって、他の選手同様青木、中島両選手、特に青木選手はまさかまさかの3割切りと成績落としているわけですから、評価低くて当然だと思います。メジャーのボールも投手ももっと打ちにくいですよ。
ポスティングに関していろいろ考えさせられることが多かったので、自分の考え方を書いて見ました。