1位通過

WBC2次ラウンド最終戦。
再度オランダとの対決になりましたが見事勝利。
やはりあれくらいのピッチャーは打てる・・・という展開になりましたが、追加点取れず、終盤追い上げられるというヒヤヒヤの展開になってしまいました。
この試合の一番の収穫は長野選手が活躍したこと。
守備のことを考えても使いたい選手ですので、復調気配が見えて良かった。
逆にマイナス点はリリーフ陣、特に左の投手で調子の良い投手が見当たらないこと。
山口投手、森福投手ともよくありませんでした。
準決勝、決勝の緊迫した場面で左殺しに使えるピッチャーがちょっといないというのは厳しい。
杉内投手も登板した試合を見るとストレートが来てない様に見えました。
うーん難しい。
守って勝たないといけないチームですので、何とか調子上げていって欲しいと思います。
まー今日は喜びましょう。
あと2試合、がんばれニッポン!