四球力

先日の広島VS中日3連戦。
中日の井端選手が金曜日は6番、土日は7番に入っていたのですが、金曜日はノーアウトランナー無し、土日はノーアウトランナー無しで回ってきた打席で粘って粘って四球を選ぶというケースがありました。毎日一回ずつ。
6番、7番という打順でランナー無しですのでチャンスメイクという意味合いももちろんありますがセリーグの場合はそれ以上に9番まで打順を回して次の回の攻撃を1番から始めるという意味がものすごく強いです。
これぞフォアザチームであり、このピッチャーならファール簡単に打てるな、四球まで粘ろうと持っていける井端選手の技術力。
実際どうかはわかりませんが、3試合とも四球狙いで四球持ってかれたと感じました。
こういう選手が7番にいると心強いだろうなあと思います。
カープの七番バッターは・・・練習あるのみ。