ゴールデングラブ賞

本日2013年のゴールデングラブ賞が発表。
カープからは前田健太、菊池、丸の3選手が受賞です。
まえけんは守備めちゃくちゃ上手いですが、今年は大きな失点につながるミスもありました。
ピッチャーの受賞はイメージと守備以外の投手としての成績がゴールデングラブ賞に直結するなと毎年思います。
菊池は皆さんご存知の通りアンビリーバブルディフェンス。
シーズン始まった当初は堂林と菊池、内野に二人穴があるけど使いながら育てなければ・・・と思っていました。実際前半戦はエラー多かったです。1試合3エラーしてまえけんに負けが付いた試合もあります。
ただ途中からはポカが目に見えて減りました。それに伴って信じられないような守備範囲の広さが目立つ目立つ。
シーズン中にこれだけ成長する選手も中々いないでしょう。スイッチに転向するかも?という打撃含めてドンドン成長していく姿を見守りたいと思います。
丸ちゃんは入った当初守備とても下手でした。入団初年度パワフルプロ野球のサクセスモードで丸ちゃん作った時、守備の能力ものすごく低くした記憶が(笑)
そんな選手でも身体能力と練習練習また練習で今では見違えるようになりました。
丸ちゃんあとはシーズン乗り切る、大きな不調が出てこないような体力をつければ二周りくらい大きな選手になれます。ガンバレ!
カープからの受賞3人のうち2人が今年レギュラー定着した選手。
来年以降も守備の要としてチームの柱として期待大です。
いつか堂林がゴールデングラブ獲得できるような選手になりますように・・・