FA

触れないわけには・・・
今年のFA、カープ権利行使か?と話題になっていた3選手のうち栗原、石原が宣言せず。大竹が宣言となりました。
宣言残留認めるということですが、金銭的条件で他球団にはまず勝てないカープからFAすると言うことはまあ出て行くということでしょう。これから大きく条件上積みする必要もないですし、しちゃいけないと思います。
大竹は故障から復活してこの2年間キャリアハイの内容だったと思います。
故障する前の方がストレートの威力はありましたが、いかんせんメンタルが伴っていなかった。
大きな故障を経験したことで精神的にものすごく強くなった結果がこの2年間の成績につながっていると思います。
カープは信頼できるけど4人しかいないゲームを作れる先発投手から1人減ってしまうことに。
こうなるとドラフト2位田口投手じゃなくて九里投手指名しておいて助かったなという感じがモロに出てきます。大瀬良投手はもちろんアレンも期待しているよ!
今までのFA時よりものすごく心に余裕があるのは今年3位に入れたからだなと現金な自分を感じつつ、1軍半というよりも1.8軍くらいの今年先発して結果が出なかった投手陣から一人でいいからローテ定着してくれることを期待したいと思います。
あーでも寂しい、悲しい・・・