2014年カープ考察

さてそろそろ2014年のカープについて考えてみます。

去年後半は良い試合内容で3位に食い込めましたが前半戦はお世辞にも良くなかった。
3度位は心折れました。
しかし心折れるような状況であっても耐え忍ぶことが出来れば進出できるのがCS。
今年はそれ以上を目指して欲しいと願うばかりです。
なぜそのような状況になったかというと
1 エルドレッド骨折、栗原不調であっというまに打線の核がいなくなった。
2 今村ピリッとせず、横山も球威無し、永川開幕即故障、福井は・・・でリリーフ陣が壊滅状態。
大きく見てこの2点だと思います。
特に2番目、エルドレッドと栗原がいたとしても他球団と比べてお世辞にも破壊力のある打線は組めません。
そういうチームのストロングポイントは4本柱が揃った先発陣、ミコライオ、今村、永川、福井の強力リリーフ陣という二本立てのはずでしたが、まあリリーフが粘れない粘れない。
飛ばないボールからそこそこ飛ぶボールに変わった影響もあって何点リードしていても勝てる気がしませんでした。
それが1はキラ加入で打線の核が出来た事で急に点が取れるようになり、2は永川、横山が復調したことによってリードしたゲームを逃げ切ることができるようになりました。
その結果が3位。今年はこういった野球を開幕からして欲しいものですが、そう上手くいくか・・・
スタートダッシュに失敗しないため、店長が考えるキーマンはこの二人(突如写真を多用する店長)
1389258958154.jpg
ルーキーの大瀬良、九里にももちろん期待大、いや絶大ですがルーキー二人の同級生。
投は今村、打は堂林。この二人にチームの柱となる活躍を期待しています。
今村は去年リリーフ陣が中々安定しなかった主要因。
WBCで調整おかしくなった等あると思いますが今年はしっかり調整して防御率0点台のセットアッパーを目指しましょう・・・という思いと相反しますが、先発に戻すなら今年が一番いいタイミングだと思いますので、先発復帰もありかな。しかし今村は力の抜き入れが苦手なピッチャーだと思っていますので(だから先頭打者の初球をあっさり打たれる)先発向きじゃないかなと個人的には思っています。
堂林は去年成績上がらず、終盤骨折で散々なシーズンでした。
外野ではなくサードでスタメン堂林しかいない!という状態がチームにとって一番望ましい状態ですので、なんとか打撃力でサード奪取を。守備はまだそこそこでいいです。

今年は最初からそこそこ点を取れる打線を投手陣が何とか守り抜く野球になると思います。
CS初出場を受けて自分もですがファンの期待も高まっていますので、是非何とか良いシーズンになるように期待しています。
頑張れ、カープ!