交流戦のカープ

カープ苦手の交流戦、今年は苦手どころではすまない途中9連敗もあり9勝15敗の6つ負け越し。
9連敗の後5連勝で何とかある程度盛り返したので一安心でしたが、胃の痛い日が続きました。
中でもオリックス、ソフトバンクには4つ全部負け。それも力負けという展開での負けばかりでした。
一番の敗因は盗塁されまくった事。最初のソフトバンク戦で走られまくりそこから投手陣が通常通り投げられなくなりました。
リード面も含めて、石原の後継者が全く育っていないという一番の問題点が浮き彫りになってしまいました。
その石原も故障もあってか調子上がらず登録抹消。あせっても仕方ないのでいたいところをしっかり治して戻ってきて欲しいです。
キャッチャーの人材不足は今あせってもどうしようもないです。トレードで獲るにしても中々難しいでしょう。ここ数年足りないと分かっていながらドラフト指名しなかったことを大いに反省しつつ現状いる選手で頑張るしかありません。
石原抹消にともない倉が今季初昇格。守備には安定感がありますので、当面は倉と白濱二人を中心に乗り切るしかない。会澤の打撃は魅力的ですが、ここまでのリード等見ていると勝てる可能性があるシーズンを育てながら戦う余裕はないと思います。
故障者も続出。松山は時間がかかりそうですが、堂林、一岡はじき戻ってくるでしょう。
投手陣はここに来て野村と久本、特に久本の調子が上がってきたのが大きい。
左他にいませんからね・・・
9連敗のあと5連勝と今までにない反発力を見せてまだまだ戦える状態を保っています。
後半戦もガンバレ、カープ!