夏の甲子園

夏の甲子園、大阪桐蔭高校の優勝でしたね。
店長は新潟代表、日本文理高校を応援していましたが、準決勝で惜しくも敗れてしまいました。
富山商業戦での逆転サヨナラホームラン凄かったですよね。
高校野球、データ解析が昔より格段に進歩している事と、夏の暑さが増している事などが原因かな?と思いますが、昔ほど絶対的エース一人で勝ちあがれる時代ではなくなってきたなと感じます。
日本文理の飯塚君も一人で投げ続けてきましたが、どうしてもパフォーマンス落ちてきます。当然ですよね。
絶対的な力と言わないまでもある程度ゲームが作れるピッチャー数人(できれば右左共に)と打撃が強いチームが今は勝ちあがれるのかなと思います。
どうしてもドラフトがらみの目で見てしまいますと、一番欲しいなと思ったのは智弁学園の岡本君。
打球の速さが凄まじかったですし、どのチームも欲しがる右の大砲。
しかし守備ファーストという事を考えるとプロでやるには外野コンバート必要になってくると思いますので、現実的にはパリーグの方が獲得に動きやすいですね。
大阪桐蔭高校おめでとうございます!そして球児の皆さん暑い夏に熱い試合をありがとう!