野村監督退任

先ほどカープの野村謙二郎監督今期限りで退任のニュースが入ってきました。
今年は去年続投した時から今年は区切りの年といったニュアンスの事を言っていましたので、続けるか辞めるか半々くらいかなと心の準備はしていましたが、実際に決まるとビックリしますね。
率直に言って残念、非常に残念です。
今年中盤、中崎が1軍に上がってきましたが血行障害も癒えストレートの威力が格段にあがり、その結果変化球も生きるピッチングが出来るようになっていました。
ただ結果が出ない。
大差のリードの試合でもかんたんに1イニング食えずあっさり四球から失点したりしていましたのでこれはすぐファームに落とされるなと正直思っていました。
野村監督そこで落とさず辛抱するどころかそれまでよりも厳しい場面で中崎を使うようになりました。
その結果現在は大事な場面のリリーフで仕えるピッチャーに短期間で成長。
実績のない選手を結果より内容で評価するという事はとても難しいことだと思います。
選手層が薄い、足りないところをドンドン補強することが出来ないカープではそういった選手起用力がとても大事ですので、本当に残念。
ドラフトで入ってきてどこのチームにいっても活躍できるだろうなという選手とうまく育てた、起用したから良い選手になった、チームによっては出番すらなかっただろうなという選手がいると思いますが、菊池など間違いなく後者。入ったときというか去年のシーズン中盤くらいでも本当に野球下手でしたから!動きが不自然(笑)
菊池の場合は去年東出が怪我をしたというタイミングのめぐり合わせも大きかったと思いますが、あんな野球が下手だった選手を起用して打率リーグ2位にまで育て上げたのは本当に素晴らしいと思います。
正直開幕前は今年も打率250くらいだろうなと思っていました。菊池ゴメン!
最後の花道というのは言葉が軽いですが、CSとその先目指して頑張れカープ!野村監督を胴上げしましょう。