来期助っ人陣容その1

風邪を引いてしまいました。
本当に寒暖差に弱いな自分は・・・
とりあえず寝まくりの生活で回復傾向。はよ治さねば。
皆様もお気をつけください。寒暖差は身を滅ぼす。
さて本題。
カープは来期キラ、バリントン、ミコライオ、フィリップスと契約せず。

キラは今年ダメでしたが、去年は獅子奮迅の活躍。
去年キラが来たから打線の核ができて得点パターンが出来、そこから中盤以降勝てるようになってCS初進出。その流れでの今年の戦い方だと思っていますのでいくら感謝してもしきれない選手です。

バリントンは最後離脱してしまった事をみても1年間どこか痛いところを抱えながら投げていたんだろうなという内容のシーズンでした。去年まではよく抑えているのに打線が全く打てない、今年は打線は点を取ってくれるのに本人が守れない。うまく回らないものですね。
痛いところがなくなればまた上手くまとめるピッチングができると思いますので来期契約せずが一番残念であり不安な選手です。

ミコライオは前半戦今までで一番安定感のあるピッチングを続けていましたが、怪我と奥さんの出産で離脱して帰って来てからは内容ピリッとせず。安心してみていられない状態でした。
保険としては抑えておきたいけどもそんな余裕はないし本人にも失礼。上を目指すためにはもう少し安心して任せれる抑えが必要だと思いますので致し方ないリリースだと思います。

フィリップスはファームで腐らず頑張っていました。1軍固定で使えれば抜群とは言わないまでもそれなりに満足できる成績を残せる選手だと思います。

という事で来期契約せずの助っ人短評で長くなってしまったので続きはまた明日。