2015年カープ考察(野手編)

本日は野手編を
野手で大きな新戦力はグスマン、野間、そして新井。
抜けたのはキラ。
レギュラー確定の選手は丸、菊池、会澤の3人かなと思います。監督も変わりましたし他は0からとは言いませんが競争でしょう。
一番の懸念事項はエルドレッドが去年位打てるか、もとい、去年の夏くらいまでの勢いで打てるか。
これは客観的に見て打てる!と考えるの楽観的過ぎるなと思います。
という事で助っ人打者枠を2としてどうやって使っていくのか。
グスマン結構な額で獲っているので、開幕当初はやはりグスマンとエルドレッドの二人をつかってまた憂き目にあうロサリオという図式になりそう。
そう考えると守備位置はレフトとファースト、グスマンのレフトを見てみての判断になるでしょう。
あとは一番バッター。
2014年主に2番、3番で使った菊池、丸の打順をそのまま一個ずつ上げるor四球の鬼丸を1番に使えればなんてことないのですが、そうすると5番が弱くなるのですよね。どうしても。
そうなると鈴木誠也or野間が一番に入ってくることになるかなと思います。現実的には鈴木誠也でしょう。
内野で育てる余裕無いと思いますので1番ライト鈴木誠也。
あとはサード。ここは完全競争でしょう。梵、堂林、小窪、新井etcから一番調子がいい選手を。
堂林がどっしり座ってくれるのが理想でが、気合十分の新井かな。
以上のことから理想的なオーダーを考えると
1番 ライト 鈴木(野間)
2番 セカンド 菊池
3番 センター 丸
4番 ファースト グスマン
5番 レフト エルドレッド(ロサリオ)
6番 サード 新井(堂林、梵、小窪)
7番 ショート 田中(梵、木村)
8番 キャッチャー 会澤

となります。
あとは松山がいますのでライト鈴木誠也ダメだった時はライト松山で1番田中か堂林か。
やはり1番バッターがいまだにアキレス腱ですね。
去年カープがシーズン中盤から得点とれるようになった大きな要因は下位打線に田中、会澤と並んだ事でほぼ安牌だったところが突如危険ゾーンになった事に他ならないと思っていますので、打撃がいい会澤の打順を挙げたくなることが多々あると思いますが、これを上げずに我慢できるか。そうなると会澤勝負避けられピッチャー勝負。次の回1番からの攻撃となることが多くなると思いますのでやはりキーは一番バッターを固定できるかになってくると思います。
ということで打線のキーマンは鈴木誠也。去年は出てきたらいいなの期待枠でしたが今年は完全に計算に入っています。やってくれるでしょう。

以上です。個人的には助っ人ロサリオが一番安定して信頼できる(守備走塁除く)と思っているので、ロサリオにフルシーズン1軍で戦って欲しいと思います。去年の打撃成績だけみてもグリエル選手と遜色ないですしね。

懸念だった選手層も確実に上がってきていますので2015年のカープ、とても楽しみ。
球団創設以来初めてかもしれない優勝を義務付けられるとまでは言いませんが、優勝しなければいけないというシーズンの2015年カープ。けが人少なく、去年のように若手が躍動して力をつけ、そしてなにより勝つシーズンになってほしいと思います。勝てるはず。