こりゃ打たれないわ

こりゃ打たれないわ。昨日の黒田を見た率直な感想。
どんどんストライクとってカウントを整える。待っていても打者不利なカウントになるだけだから打ちにいく。打ちにいった球が変化して芯を捉えられないから凡打になる。
メジャー行く前の黒田も三振を取るよりはゴロを打たせるタイプでしたが、基本ストレート軸のスライダー、フォーク、右打者へのシュートというピッチングでしたのでその時とは全く違うタイプのピッチャーですね。
以前黒田の著書、クオリティピッチングを読みましたが、メジャーでは150キロのストレート投げるピッチャーなど山ほどいるのでこれは武器にならないとそこからメジャーで自分が通用するピッチングを考え抜いてこの形を手に入れたんだなと再確認しました。
イメージ的にはルイスが来た時と感覚が似ているかな?でもルイスはあんなに球動かなかったです。
黒田の後に投げた九里も目指す究極の形は低めに動く球を決めて内野ゴロを打たせるピッチング。
こんな分かりやすい見本が目の前にいるのですからどんどん吸収して欲しいです。昨日はナイスピッチングでした。
カープ打線の方はエルドレッドが計算できない状態で虫垂炎のロサリオもまだ無理そうなので今いるメンバーでという事になり現状とてもお寒い感じですが、今年は開幕MAXじゃなくて徐々に使える選手、使う選手を作っていって戦う形で大丈夫だと思いますので、まずはロサリオ戻ってくるまで我慢の日々。
開幕が楽しみな日々です。