BBM2015 1st

BBM2015 1stバージョンの感想等をざっと
ルーキーカードは今年の通常の出現率。
インサート、出現率極低のLightning以外には各球団1種類の12種類のみ。
野球カードで一番大きいタイトルでこれはさびしいなと感じます。
直筆サインカードが(恐らく)カートン1枚になったのは、自分のようにショップとして開けている立場としては出るか出ないかのビクビク感が減ってありがたい限り。
サブセットざっくり切ってCPとチェックリストのみ。
守備の人、走塁の人等のテーマごとに各球団選ぶタイプのサブセットだと無理あるなという人選が多々あったのでこれはこれでいいのかなと思います。
インサートにもサブセットレギュラーにもベストナインカードやゴールデングラブカード、タイトルホルダーカードが無いのは昔の感覚からだとさびしく感じますが、タイトル獲得した選手が翌年メジャー移籍等でカード化できない事が多々ある現在ではしょうがないのかなと思います。(今年は該当選手いませんでしたが)
以上です。
良くも悪くも例年通りの1stだなという感じで大きな変化はなしという印象でした。
大きく変わる必要もないシリーズだと思いますので、安心して開封できました。