舞台 幕が上がる

先日後悔されたももいろクローバーZ主演の映画、幕が上がる。
こちらの舞台版が5月はじめから上演されており、千秋楽前日の23日土曜日チケットが取れたので見に行って来ました。
今まで観劇は数回の素人ですが・・・素晴らしかった。
平田オリザさんの特徴という舞台の一箇所だけでなく色んなところで話が進んでいるという演出方法を目の当たりにして驚きました。スポットが当たっていないところでもキャストの皆さんみんな生き生きとしている。
ももクロ以外の出演者さんでは、映画の時点で気になっていた伊藤沙莉さんと映画にも出ていたけど今回舞台で見てとても気になった井上みなみさんが特に素晴らしかった。伊藤さんはすごいコメディエンヌになるだろうなという気しかしません。
今回好きなグループが畑違いの映画、舞台に挑むという事で正直どうなんだろうな、話題性あるからやるだけなのかもなとネガティブに思うこともありましたが、プロジェクトが終ってみて、何度も幸せな気分にさせてもらいました。
グループとして長く活動を続けるという目標にあたって、素晴らしい環境で演技を学び、責任感のある立場で映画、舞台をやり遂げたという事で、またグループとして、個々として一歩上にいけたと思います。
これなら個別に映画やドラマの仕事もくるだろうなと思います。
売れたからこそ恵まれた環境で新しいことにチャレンジできたのだと思いますので、今まで頑張ってきたことが先につながっていくんだなと思うと感慨深いです。
またこれからもももクロに楽しませてもらいたい、舞台は映像化されるのかな?されるようでしたら映画に続き自信をもってお勧めできますので是非。