BBMルーキーカードの値段に見るルーキー当たり年を検証しようその1

カード屋らしい企画を思いつきましたよ。カテゴリも追加してしまいました。
今年はルーキー当たり年なんて言われる事が多々あります。今年は阪神の高山選手、オリックスの吉田選手等々で野手の当たり年か?と言われているますが、カード屋らしくルーキーカードの値段からどの年がルーキー当たり年、ドラフト当たり年だったのかを検証してみたいと思います。
基本ルールは下記
・ルーキーカード年度が古いほうが高くなる、ショートプリントの年(07~12年)は高くなる等年度ごとによる差がありますが、店長一応基準をもっていますので、年度ごとにその基準の値段を併記します。
・基準の値段によってS、A、Bの3ランクに分けて、Sは5点、Aは3点、Bは1点で計算します。
・値段設定色々な要素(選手の人気、チームの人気等々)含まれているカード屋ならではの設定です。
・在庫数等考えてフラットに値段付けできていると思われるシリーズがBBM97からなのでここから行います。
となります。
初日の今日はBBM97~00の4年分を

BBM97
Sランク(2000円以上)・・・該当なし
Aランク(1500円)・・・小笠原道大、黒田博樹
Bランク(800~1000円)・・・谷佳知、和田一浩、大塚晶文、小坂誠、井口忠仁、松中信彦、森野将彦、岩村明憲、今岡誠
ポイント・・・15pt

BBM98
Sランク(2000円以上)・・・高橋由伸
Aランク(1500円)・・・川上憲伸
Bランク(800~1000円)・・・井川慶、井端弘和
ポイント・・・10pt

BBM99
Sランク(2000円以上)・・・松坂大輔
Aランク(1500円)・・・上原浩治、福留孝介、藤川球児
Bランク(800~1000円)・・・岩瀬仁紀、二岡智宏、新井貴浩
ポイント・・・・17pt

BBM00
Sランク(1500円以上)・・・該当なし
Aランク(1000円)・・・岩隈久志
Bランク(500~800円)・・・川崎宗則、清水直行、田中賢介、高橋尚成、藤井秀悟、栗原健太
ポイント・・・9pt

となりました。
俗に言う「松坂世代」の99年さすがですが、この年の中日ドラフトは恐ろしい。
店長がカードを集め始めた00年、前にも言いましたが当時行きつけだったカード屋さんの店長に「カープの末永、バッティングセンスの固まりだしイケメンだしいずれルーキーカード値段上がる」と力説していたのを思い出します。その節は申し訳なかった・・・・・・・・
次は01~04年を、松坂世代が大卒で入ってくる03年どんなものになるか楽しみです。