先週のカープ特別編 胸高鳴る坂倉

当初からこの打撃センスは凄いと首脳陣に絶賛されていた今年日大三高からドラフト4位でカープ入りした坂倉将吾捕手、実戦に入っても素晴らしい。
まず教育リーグの試合で高卒新人がこの時期から3番を任されていることが凄いですが、キッチリ結果も残しています。
キャッチャーというポジションは非常に起用難しいですが、捕手出場じゃない時は指名打者で出ており、打席を多数与えられています。
強打のキャッチャーはそれだけでチーム力凄まじく上げてくれますのでキャッチャーで育っていってくれるのが一番ですが、そういうわけにも行かないポジションでもあります。
まずは体を作って打撃力を磨いて、1軍で勝負できる土台作りの一年にと見守りながら成績追いたいと思います。高橋昂也もいますし今年のファームは楽しみ。まあ毎年毎年楽しみに毎試合成績追ってるのですが店長は・・・またファームの試合鎌ヶ谷にお呼ばれしないかなと願うばかりです。