胆嚢摘出術日記2 最初の痛み

今を遡ること4年、2013年の夏以降くらい。右のほうの腹部に今まで感じたことの無いきりきりした痛みが何度か出てきました。
今までと感じは違うとは言え腹痛なんてよくあるもの。胃痛かな、なんか悪いもの食べたかな?と胃薬や正露丸を飲んでいたら1時間くらいで治まっていました。
ですので全くたいしたことだと思っていなかったのですが10月の終わり、夕飯を食べた後20時頃からまた痛みが出てきました。
また1時間くらいで治まるだろうと胃薬飲んだりしていたのですが今回は全く治まりません。
直前に買ったvitaの実況パワフルプロ野球2013をやってそちらに集中を、集中をと気持ちをごまかしていたのですがそんなもの全く集中できないくらいの痛み。脂汗も出てきます。
早く治まらないかな今日は長いなと思いながらもこれは今までのとは1時間くらいで治まった痛みとは違うなと危機感も感じネットで痛い場所の原因を探りました。
と言っても急激な腹痛ですぐに思いつくような原因、素人では盲腸くらいしかありませんので盲腸をチェック。
痛みが出ている場所とは全然違う場所なのでこれでは無さそう。ならなんなんだ?と不安が出てきます。
日付が変わって1時くらいまで体勢を変えたり、風呂入ったり、トイレ行ったりで気を紛らわせて痛みはよ終われと願いますが全く治まらず。
これはしゃれにならないかもとこの時点で初めて病院行かねばという選択肢思い浮かびます。
救急車はそんな簡単に呼んではいけないという意識があって(今考えれば呼べばよかった)深夜診察してくれる医療機関を教えてくれる電話番号を調べて、そちらにかけて、診察してくれる医療機関を聞いて、その病院に電話をかけての手順で病院を見つけてよし行かねばとタクシーで。
病院までタクシーに乗って30分くらい。よくある話ですが乗っている間に痛みが治まってくる・・・
痛いの嫌なのにいやまってくれ痛み治まらないでくれというなんとも不思議な感情がわきます。
病院についてから血液検査のため採血。そこから検査結果出るまで時間かかりますので待ち時間。その間にもどんどん痛みは治まってきます。
血液検査結果が出て診察。特に大きな以上は無いとの事。この時点で痛みのMAXが10だとしたら3くらいまで治まってきています。その後CTを撮りその結果が出るまでまた待ち時間。CT結果が出て特に大きな異常は見つからないとの結果を聞くころには痛みは1くらいに治まっていました。
診察結果通常の腹痛、また同じような痛みが出た場合は市販の痛み止めを飲んで様子を見てくださいと言われて帰路へ。
時間外診察ですので医療費高くかかりますし、CTや血液検査もしてますのでなかなか高額な医療費。往復タクシー代もかかってますので合計2万円くらいかかり、ロキソニン1錠もらって帰ってきました。
お金はかかりましたが、痛みは治まったし、大きな異常もないと先生も言っているし良かった良かったと帰ってくる頃には心身ともに元気。帰りにコンビニでシュークリーム勝って帰って来るくらい元気でした。