胆嚢摘出術日記8 炎症再び

年が明けて体調良好。食事も普通に食べていましたし飲みに行ってもたくさん飲んでたくさん食べていました。
調子が悪い時は本能的に脂っこいものを避けるよな体になっていましたがそういったことも無く。
2月10日に天龍源一郎引退を追った映画、LIVE FOR TODAYを友人と見に行ったのですが、映画の話、その直前に出た本1984年のU.W.Fの話等々プロレスの話で盛り上がりに盛り上がり夜映画を見た後2時過ぎまで飲んできてしまいました。
飲んでる最中も特に体調に異変は無く、次の日ももクロのライブに行く予定だったので二日酔い大丈夫かなとだけ心配だったのですが楽観視。
帰宅して寝たら数時間後に下腹部痛みと微熱ですが発熱が。
これは胆嚢炎だ、前の日日付変わるまで飲んでいたのですから身に覚えも沢山あります。
前のと同じやつだという感覚はあるのですがそこまで痛みも熱も無いので最初はももクロ行こうと痛み止め飲んで様子を見ますが良化せず。もしライブ会場でまたあの急激な発熱があったらと考えると恐ろしくなり断念。
次通院した時に血液検査という話になっているので、とりあえず週明けたら月曜日病院に行こう。週末何とか大きな痛みや熱出ないで・・・と祈りながら安静にすごしていました。結果悪化はせずに月曜日まですごせましたが、また炎症が出たということでかなりブルー。この時点で何時出るか分からない炎症が恐ろしくて恐ろしくて仕方ないので手術したほうが良いのかなと少し考え始めました。