胆嚢摘出術日記9 血液検査

無事週明けまで大きく悪化することは無く、痛みと微熱を抱えたまま月曜日病院へ。
血液検査の結果炎症の数値と胆汁の流れを見る数値が悪いのでCTを。
結果やはり胆嚢炎再発。体の状態からまあそうだろうなと思っていたので特に驚くことも無し。
造影剤を使ってのCTも2回目ですし淡々と。
抗生物質をもらってまた翌週通院、血液検査をするということに。
そこからの一週間は抗生物質の効果もあって痛みも熱も収まりました。
そして通院の日に再度血液検査。炎症の数値は治まっているけども胆汁の流れを見る数値が良くない。
ここの数値が改善されて胆汁スムーズに流れるようになればいいけどもそうでないと引き続き炎症が出る可能性ありとの事。
もう日々炎症何時出るかにおびえて暮らすのでは何も食べられない、ちょっと遠くに出かけることも出来ない、大きなタイトルの入荷日に炎症でたらと考えるのも恐ろしい。
ここでああもう手術するしかないなと思いました。
あとは日程調整ですが、炎症が出てすぐに手術は出来ないのでこれが綺麗に治まってからまた日程調整しましょう、そこまで緊急ではないので仕事等都合にあわせてで大丈夫ですとの事で心の準備をしつつも日程調整を考えます。