藤浪投手

昨日の阪神VS広島戦、コントロール面の不安から2軍調整になっていた藤浪投手が投げるということでデッドボール喰らうんじゃないかという恐怖心満々で見ていました。
右打者に二死球ですが、そこよりも対右打者になると外にしかキャッチャーがリード出さない、いや出せない状態。キャッチャーのリード云々じゃなくてチームとして対右のときは外しか要求しないようにという指示だったのだと思います。キャッチャーの一存であんなリードしたら首脳陣から説教でしょうし。
その状態で1軍の試合に投げてくるのどうかという考えもあると思いますが、投げさせないと何も変わらないと思いますし、そういう状態だというのをちゃんと認識して右打者に当てないようにという配慮をチームとしてしてくれた阪神もありがたいことだなと対戦チームのファンとしては感じました。それでも抜けて当たってしまったものは仕方ない。インに投げ込めないのにインコース構えてストレート当てられたらたまったもんじゃないですけど。
ネットの文字中継を追っていると何で外ばかり攻めるんだ、インコースも投げさせろや、外ばっかりだと読まれて踏み込まれるから打たれるんじゃと言葉が悪くなるくらいキャッチャーリードにエキサイトすることもありますが、映像を見てみるとインに投げない時、ピッチャー側が外だとコントロールできるけどインはコントロールが出来ない、だから投げ込めない、インにキャッチャーが要求できないというケースが多々あります。
藤浪投手俗に言うイップスなのだろうと思います。有り余る球威があるからこそ当てたら危険、それが大きくなって大きくなって今の状態なのかなと。
昨日の試合は見ていて今まで経験したことの無いような重い雰囲気の試合でした。
自分のひいきチームの選手がシーズン終盤みんな疲れてきていて怪我が増えるというところで当てられるかもというのも重さの一つだと思いますし、スカイAで見ていましたが解説席の異常なまでの藤浪投手への気の遣い方も重苦しい雰囲気を出していましたが何より藤浪投手という普通の良い投手というレベルの一個上の球界のエースクラスの投手がこんな状態になっているのかというショックが試合の雰囲気を重くしていたのだと感じます。
みんなそういう状態だというのを分かっているからこそ死球のあと大瀬良が大丈夫と笑顔で返していた事に誇らしさとありがたさを感じます。
簡単な事じゃないと思いますが次当たる時は右打者インハイに投げ込んできて空振り取って来る藤浪投手が戻ってくるように、2020年オリンピックで日本代表として投げる藤浪投手を応援できますように、そしてもうあんな重苦しい試合はないようにと願うばかりです。