戦力外と引退と退団と

カープ本日来季の契約を結ばない、戦力外通告選手が発表されました。
今井、小野、多田、松浦。
うちキャッチャー二人ですので、多田のほうは育成再契約ということももしかしたらあるのかなと思いますが、毎年寂しい季節ですね。
今井は先発ローテ入り期待されたというか掴めるところまで行きましたがそこで結果出せず。
阪神戦完封した試合と西武ドーム観戦に行った試合、完璧なロングリリーフでゲームを作ったピッチングが印象に残っています、たしか一昨年。一点も取られてはいけない状況で先頭バッターに二塁打を打たれてもそこから0に抑える内容でこれは完全に殻を破ったなと思ったのですが、そのあとの登板で内容が続きませんでした。
小野淳平はぺろーん青木高広とトレードでカープに来ましたが、なぜ左いないのにさらに左のピッチャー出しちゃうの??という思いもありましたが当時は左も足りないけどもイニング食えるピッチャーも全く足りなかったので仕方のないトレードかなと思います。小野も今井と同じような立ち位置でしたがイニングイーター全うできませんでした。
上記以外では江草が引退。カープに来てからは故障もあってなかなかシーズン通しての活躍できませんでした。阪神時代リリーフで出てきて抑えられた記憶、球速表示以上に速いキレのあるストレートの印象が強いです。
そして最後に梵。地元出身チームリーダー、大事な選手です。
ここ2年、強くなった2年、1軍に呼ばれることも少なかったですが栗原の時と同じくなんで梵上げないんだ??と思えるような成績がファームで残せていなかったのが全てだと思います。去年も今年も対左の時のサードに困るチーム事情でしたが、それでも上がってこれなかった。呼ばれなかったという状況ですので、現役で勝負するなら移籍を考えるというのは仕方がないだろうなと。栗原の時と全く同じ感情。
地元出身ですしまたカープに帰ってくることもあると思います。
そんな日を待ちつつまずは所属チームが決まって現役生活気持ちよく締められるようにと願います。
毎年毎年悲しい時期ですね・・・