宮城谷三国志 面白い

店長小学生の頃にクラスで大ブームが来て以来の三国志大好きですが、この度宮城谷昌光さんの三国志は正史ベースだということをやっと知りました。
三国志は大きく分けると歴史書の「正史三国志」とそれをベースに面白おかしく物語にした「三国志演義」があるのですが、当然正史はただただ歴史で実際の起きたことを記載しているだけなのであまり面白くありません。店長も依然読みましたがおお正史と演義だとそんなに違うのかと思いはしましたが、それほどまでの感動はありませんでした。
そこで宮城谷昌光さんという歴史小説の大家が正史ベースで小説を書いていると知ったら三国志好きの血が騒ぎます。これは面白いはずだと。
読み始めたらまあ面白い。序盤は今まで読んできた演義が始まるより前の話が続いてなかなか読み進めなかったのですが、我らがスーパースターズ、曹操、董卓、呂布、劉備、袁紹らビッグネームが出てくるところまで進むと面白くて面白くて。久しぶりの三国志の世界にどっぷりはまっています。全12巻楽しみです。