手術から一年

胆嚢摘出術受けてから一年ですよ、あっという間。
傷口に違和感はありますが、そこ以外気になるところありませんし、血液検査の数値も健康人そのものですし、あの時切ってしまってよかったです。絶対に手術しなくてはならないという病状ではなく患者側に「気になるならとってしまう?」と選択権のあった状態でしたが、その後術前検査をするにつれて
「これは胆嚢もう機能してないな」
「一応腹腔鏡手術で開けてみるけどほぼ開腹になるから」
とどんどん恐ろしいことになっていきましたので。最初はちょちょいと胆石を取るだけの手術だとの認識でしたので。
術後3日間くらい麻酔を打てば幻覚が見える、日々体が動かなくなる、全く眠れないとこれは本当に死ぬやつなんじゃないか???と心配しましたがそれが一年経ったら明らかにここ10年くらいでダントツに体調がいいので・・・医学凄いと今更ながらに感じました。
ただもう手術は絶対したくないですけども、術後3日間の辛さが体に蘇る・・・
ですので健康に気を遣って暮らしていきたいです。