バンブトンコート

昔競馬を覚えたころ、ダビスタをやっていてオグリキャップの父はなぜかトウショウボーイだと思い込んでいた頃、店長が競馬について学んだのは主に宝島社の競馬読本シリーズだったのですが、その中で「バンブトンコート」という馬が種牡馬引退した後ファンの方に引き取られたという話を読んで大感動したのですが、それが競馬読本のどのシリーズか思い出せない。
調べてもどれだかわからないし、もし知っている方いらっしゃいましたら教えてくれますとありがたいです。また読みたい。
電子書籍も出ていないし競馬の読み物として最高のシリーズだったというのは間違いないのでヤフオクかメルカリでセット買ってしまおうかとも思うのですが、収納場所考えると二の足を踏んでしまいます。
あとダビスタの攻略本も種牡馬のところ読むとだいぶ勉強になったという記憶があります。
光栄の三国志と信長の野望の武将ファイルという武将データと読み物が書いてある本も大好きでこれで武将の事覚えました。特に三国志。
横山光輝・吉川英治、武将ファイル、この3つが店長の三国志知識の礎です。