ハイスコア:ゲーム黄金時代

Netflixで新規配信開始された「ハイスコア:ゲーム黄金時代」が面白い。
ビデオゲーム創世記、スペースインベーダーやパックマンの時代からビデオゲームがどのような進化を遂げてきたのかをエピソード毎にテーマを設けて取り扱っているドキュメンタリー番組です。
第1シーズン6エピソードで、最後スターフォックス、Doomの3Dゲームが登場するあたりまでで続きも是非見たいので第2シーズンもあればいいなという作品でした。
特にRPGゲームがどうやって生まれたかの第3エピソードが興味深く楽しかったです。ウルティマ誕生は歴史的な事だったなのだなと。
ファミコン時代ウルティマ4買って即やめてしまった記憶がありますが・・・当時なんてゲーム何本も買えるはずないので1本買ったら次のゲームなんて当分買えないからやりこむしかないのに、即こりゃだめだとやめてしまったのですが、今やり直してみたい。
同じころウィザードリィハマってこちらはただただレベルを上げて3種の神器(村正、聖なる鎧、手裏剣)を無数に集めてだけの同じことを毎日毎日繰り返していたのですが、先日レベルが3上がる毎にアーマークラス(守備力のようなもの)がどんどん強くなる忍者という格好のレベルをあげまくってウットリ対象のクラスがあったのですが、そのアーマークラスに意味がなかったという検証がつい最近なされていて驚愕しました。レベル1000以上に上げた忍者・・・
そういう懐かしい思い出も浮かんできましたし、いい作品でした「ハイスコア」