事前にカープのドラフトを考える

今日は荷造り終わらせた後ドラフトの事をずっと勉強していました。これは仕事、これは仕事。
カープで足りないのはまず投手。これは間違いない。2016年~2018年優勝で余力があった2017年と2018年のドラフト1位で即戦力投手いかず中村奨成、小園海斗の素材型、アスリート型野手いったためでこれは仕方がない。
その後連覇を支えてくれたリリーフ陣勤続疲労で使い減ってしまった結果去年、今年のリリーフ陣火の車。
去年のドラフト余裕があれば佐々木朗希投手か奥川恭伸投手に行きたかったと思うのですが即戦力か不明瞭な高卒投手に行く余裕が全くなかったというのが1年前の状況でした。
その結果森下行くぞ、行くぞ、他来るなよと事前公表してけん制した結果本当に単独指名で取れてしまうという、1番目2番目が大きな目玉でいる年に3番目4番目位の投手を単独で取りに行くという佐々岡、前田健太、野村と続くカープ得意のパターン成功、今振り返ると夢のような日だったな・・・
その森下が入ったのに投手陣1年前のドラフトの時よりも火の車で即戦力行くしかない状態かつそれなら早川投手行きたいと思うのですが、くじ外す余裕もない状況だと思います。
ただもし誰指名するか決まっているなら前日発表して他と被らないようにすると思うので本当に早川投手突撃するか否か決めかねているのだと思います。
個人的にはウェーバーの2巡目もすぐ回ってくる順位なので早川投手突撃してほしいなと思いますが、そんな余裕がない投手陣名のもよくわかる。難しいですね。
野手は林、羽月、小園、韮澤、中村奨成、木下元秀、一軍に行った大盛、宇草(骨折してしまいましたが)と有望な若手多数、特にホームラン打てる林と木下がいるというのでかいので数的に足りないところを埋めていくので良いんじゃないかなと思います。
今カープファンの木下元秀への期待はとてつもなく高いと思います、店長だけじゃないはず。
あとカープは2.5軍を作り、そこの選手は修正点や重点練習(佐々木健なんかはナックル練習したり)をしていて基本試合に投げない、これは結果も出てきていますし物凄くいいと思うのですその結果今年ファームの試合に投げる投手も足りないというしんどい状態がありましたので、育成で投手数多くしておいた方が良いなと感じました。
重点練習をするという事はその分試合消化に負担がかかるという当たり前のことをファームでもローテが足りない今シーズン身をもって感じました。
かといって選手数増やすと故障者少ないときはその分試合に出られない選手少なくなるという事ですから難しいですよね。3軍作るというのカープでは非現実的だと思いますし。
勉強すればするほど楽しくなるドラフト本番、あと150分、楽しみです。